ホームレシピ ≫ 「風邪が治るスープ」で、大晦日に備えます。

「風邪が治るスープ」で、大晦日に備えます。


ネットで「風邪が治るスープ」という記事を見て、簡単そうだったので作ってみました。
材料も手元にあったので、15分位で出来ました。優しい味で温まります。

風邪が治るスープ

しょうがが足りなくて、少し甘めだったので、黒胡椒を入れました。
しょうが紅茶の飲み過ぎで、しょうがが切れてしまったのです^^;
レシピを書いておきますね。

続きを読む前に、ポチッと応援お願いします。

スポンサーリンク

材料:タマネギ薄切り 1個
   卵       2個
   にんにくチューブ  2.5センチ
   しょうがチューブ  5センチ
   コンソメかだし汁
   醤油・みりんなどは好みで
   片栗粉

作り方:薄切りにしたたまねぎを鍋に入れ、水を500ml入れて火にかけます。
    タマネギに火が通ったらにんにく、しょうが・コンソメなどを入れます。
    味見をして、醤油・みりんなどで味を整えたら、卵を入れます。
    水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつけたら出来上がりです。

風邪が治るスープ

とても簡単だし、たまねぎと卵が入るので、食べごたえがあります。
15分も台所に立っていられないほど体調が悪い場合は→ お湯をかけるだけの「カチューユ」

食欲はないけれど、掃除もしたし、美容室でヘアカラーもしてきたし、猫缶も買ってきました。
美容室で雑誌を読んでいたら、「過去は自分を成長させない。洋服も、人間関係も」という文章があり感銘!
クローゼットの断捨離の時に、着る着ない、安い高いではなく、貴方の将来をライトアップするかで判断しなさいとありました。

単純な私は、「私の理想の人が着そうな服を着なければ!」と浮かれて、帰り道にカジュアルコートを購入してしまいました(笑)
最近、寒くなったので、ご近所用の軽いコートが欲しいと思っていたので、タイムリーなできごとではありましたが。

帰り道、浮かれていた私は、年配の女性2人が、赤い羽根の募金をやっていると思い込み、寄付しようと千円札を差し出しました。
そのお二人は、献血の呼びかけをしている方で、お金を出されて向こうもびっくり!

慌てて、後退りで逃げましたが、別に逃げることもなかったかな。
私は、思い込みとか、勘違いがかなり多く、よく恥をかいています。

大人になったら、「理性的で落ち着いていて、自信に満ち溢れた女性」になるつもりでしたが、いつごろなれるのでしょうか?
未だに、「お財布忘れて買い物にでるサザエさん」です。

--スポンサーリンク


コメント













管理者にだけ表示