ホーム習い事 ≫ 母の日のイベント。優雅なテーブルコーディネートとフラワーアレンジ。

母の日のイベント。優雅なテーブルコーディネートとフラワーアレンジ。


母の日にちなんだフラワーアレンジテーブルコーディネートとランチをコラボするというイベントに行ってきました。
琉球古民家を改装した琉球料理と和食のお店で、10人位のレッスンでした。

母の日アレンジ

女性一人で切り盛りする予約制の小さなお店でしたが、インテリアが素敵で居心地の良い空間でした。
店内の写真を撮りまくって「古民家風のインテリアも良いなぁ」と、妄想がふくらみます(笑)

続きを読む前に、ポチッと応援お願いします。

スポンサーリンク

最初は、フラワーアレンジのレッスン。
ボックスフラワーと言って、箱のなかにオアシスをセットして、短く切った花を挿していくだけ。

ボックスフラワー ボックスフラワー 開ける楽しみがありますね♪

ボックスフラワー用の箱なので、途中で止まるように細工が施されているので、花も潰れないし、飾るときにもナナメにして飾れます。
隙間なく詰めるだけで良いので簡単♪15分位で出来ました!余った花は持ち帰りました。

ボックスフラワー ボックスフラワー

次は母の日におもてなしするときのテーブルコーディネート。
母の日の始まりや、なぜカーネーションを送るようになったのかという簡単なレクチャーがあり、講師から「母の日とは、どんなイメージですですか?」と質問が。

「そんな抽象的なことを聞かれても~」と、皆言葉が出ない・・・思わず「義理と義務!」と言ったら大爆笑されてしまいました。
笑いを取るために言ったわけではないんですけど、「普通、母に感謝とかでしょ!」と突っ込まれるしまつ・笑

うちの義母、フラワーアレンジとかお菓子とかを贈ると「小さくてかわいいね」と皮肉を言います^^;)
なので毎年、胡蝶蘭の鉢植えにしていますが、心で思っていることがポロッと出てしまいました。

そんな、和やかな雰囲気?で始まった、テーブルコーディネートは和と洋の2パターン。
和はこんな感じ・・・アンテークの食器に塗りの鉢や取り皿。お花を行けてあるのはお重です。

和のコーディネート 和のコーディネート お花はダリア。

洋はこんな感じ・・・特別感を出すために、お皿を重ねて、一番上は伊万里焼。藍と銀でシンプルな皿(欲しい!)。

洋のコーディネート 洋のコーディネート 暗いですね(汗)お花はカ-ネーションです。

素敵な食器ばかりで、物欲にも火がついたようで、皆さん購入することのできる食器類を注文していました。

おもてなしのテーブルコーディネートのポイントは
1,テーブルクロス・ランチョンマットを敷く(特別なおもてなし感が出ます)
2,お花を飾る
3.ナフキン、ナフキンリングを使う(布だと遠慮して使わない場合もあるので、ペーパーナフキンでも良い。)

ナフキンの折り方や、ナフキンリングの代わりに、リボンで結んだり、メッセージカードを置いたりとアイデア盛りだくさん!

その後はお待ちかねのランチ!
和食の店らしく、和のコーディネートでした。

ランチ たけのこご飯
お吸い物 デザート

筍の木の芽和えや、エビのウニソース焼き、ナスの煮びたし、うなぎの玉子巻き、たけのこご飯、吸い物。
とても優しい味の和食で、筍、ウド、木の芽、あさりなど季節感が散りばめられています。

食後はデザートとコーヒー。デザートを盛りつけたカゴのような入れ物には、大きな葉を敷いて。
少し水分の残るみずみずしい葉に、おもてなしの気持ちを感じました。

今日集まった方々は、40代後半から60代というかんじ。
私は、自分へのプレゼントだったのですが、皆さんも同じ感じでしょうか?
それはどうであれ、中々充実したイベントでした。

--スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示